« これは確かに凄いかも、、iPhone 4.0 の網膜ディスプレイはどれほどシャープなのか? | トップページ | 個人から出資を受けたらIPOできなくなる!? »

2010年6月20日 (日)

ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI)【ネタばれあり注意】

201006201201006202

解説: 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本を探すもう一人の男を『ダークナイト』のゲイリー・オールドマンが演じる。イーライはなぜ旅するのか? 本には何が書かれているのか? といった謎に満ちた展開と、その先に待ち受ける衝撃のラストに注目だ。

あらすじ: 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ……。
シネマトゥデイ

戦争によって文明が崩壊し、荒廃した廃墟には、追いはぎ、強盗のたぐいだけが、跋扈横行している。そんな世界をひたすら西に向かって歩くウオーカー(デンゼル・ワシントン)彼は本を西に運んでゆく、その本の正体は?この謎はほとんど瞬時に明らかにされるし、想像の通りでもある。それは聖書だ、戦争の原因が聖書とされたため、人々は進んで聖書を焚書してしまった事が背景になっている。この失われた本をしかるべき所に運ぶ事を天命と受け入れて西に向かう本名イーライのウオーカー、、

途中の町(西部劇の町そっくり)を支配する男(ゲイリー・オールドマン)は聖書の意味を知り、それを利用して支配力を強めようとする。単純に言えば聖杯の奪い合いのような感じ、ただ老人以外は全く聖書の意味も存在も知らないという設定がみそだ。

荒野の映像が、カラーなのだが、セピアのような何とも言えない色でとても印象的、もの凄くコントラストが強調されているのは「300/スリーハンドレッド」のようだ、マッドマックスのような世界だが、この映像表現で違いを強調することを監督は狙っているようだ、、

荒野の用心棒の乗りで、映画としては、とても面白かった、、ウオーカー(デンゼル・ワシントン)がめちゃくちゃ強い(日本の武士道映画の乗り)のもいい感じだ。ゲイリー・オールドマンはこの手の悪役をやらせたら超一流で隙がない、、監督のヒューズ兄弟は「AKIRA」の実写版リメイクを作るようだから、それを見る時のためにも今から予習しておこう。

|

« これは確かに凄いかも、、iPhone 4.0 の網膜ディスプレイはどれほどシャープなのか? | トップページ | 個人から出資を受けたらIPOできなくなる!? »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/35381518

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI)【ネタばれあり注意】 :

« これは確かに凄いかも、、iPhone 4.0 の網膜ディスプレイはどれほどシャープなのか? | トップページ | 個人から出資を受けたらIPOできなくなる!? »