« あるいは裏切りという名の犬 | トップページ | 不都合な真実 »

2007年1月15日 (月)

シャーロットのおくりもの

豚と言えば、1996年のアカデミー賞で7部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門最優秀作品賞、などを受賞したあの「ベイブ」から10年、また豚が主人公の映画、こんどは豚と蜘蛛の友情劇、それに天才少女ダコタ・ファニングが絡む、とことん綺麗なファンタジーだが、子供向けとも言えないような、ちょっと中途半端な感じもする。そんな固いことを無視すれば、映像の自然さ美しさから、ファンタジーの世界に浸りきることはできる。映画はどこまで進化するのか、動物や昆虫が演技しても全く違和感が無いのは凄い

|

« あるいは裏切りという名の犬 | トップページ | 不都合な真実 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/4940357

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロットのおくりもの:

» 菊地凛子、菊地凛子がアカデミー賞引き寄せる! [今日の気になるニュース@総合]
35年ぶりに日本人女優として米ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた菊地凛子。 米ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた菊地凛子がインタビューで胸の内を明かしたようです。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 03時14分

» アカデミー賞特集 [映画はいいものだ]
世界最高峰の映画祭として君臨するアカデミー賞。今年(第79回)の授... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 16時23分

» シャーロットのおくりもの [欧風]
帰省中109シネマズ富谷での映画観まくり計画、第1弾は「鉄コン筋クリート」、第2弾は [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 19時09分

« あるいは裏切りという名の犬 | トップページ | 不都合な真実 »