« 硫黄島からの手紙 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

2006年12月23日 (土)

エラゴン

「ロード・オブ・ザ・リング」は重すぎる「ナルニア国物語」はスケールが大き過ぎる。もう少し少人数でわかりやすい話しを、、という流れのようだ。ドラゴンと乗り手のライダーが一心同体で活躍する、とてもオーソドックスな剣と魔法のファンタジー、ドラゴンは過去のどの映画のよりも優しくてかわいらしい、だれでも一匹欲しくなるたぐいのドラゴンに仕上がっている。可もなく不可もなく、3部作と言うことだから、これからが楽しみな映画だが、他に見るものがあったらあえて映画館まで見に行くまでもないかもしれない。

|

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/4940343

この記事へのトラックバック一覧です: エラゴン:

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »