« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月16日 (日)

サイレントヒル

ホラーゲームの実写化ムービーといえば「バイオハザード」この映画も同様にゲームの映画化という事で、見てみることにした。主人公(母)は夢遊病の娘が喋ったサイレントヒルという場所を探して、娘の精神病の原因を探ろうとする。
舞台は煙につつまれた町、雪のように白い灰が舞っている、この町は30年間燃え続けている、、そして化け物が続々出てくる。化け物の描写を含め、映像的にはかなり面白いのだが、はっきり言って主人公に感情移入できない、脚本が良くないと思う。お薦めしません。バイオハザードを期待すると外れるので注意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

200607161200607162
ご存じ、ジョニーディップのはまり役ジャック・スパロウの登場だ。前作がとても面白かったので、期待が高まる。昨今の技術水準でお金を掛けるとどれだけの事ができるがという、事を認識するための映画だ。不気味なデイヴィ・ジョーンズ船長とその船のフライング’ダッチマンが出色の出来だ、恐ろしげな幽霊帆船が水中から飛び出してくる様は圧巻で、これだけのために見に行っても良い位だろう、お金を払っても損はない。オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイももちろん良い。行く前に絶対前作を見ておかないとまずい事になる、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

レイヤー・ケーキ

200607081200607082
この映画の主役、麻薬ディラーを演じるダニエル・クレイグは次のジェームズ・ボンド役が決まっている。ミュンヘンにも出てきた、青い目が印象的なクルーガイだ。彼がボンドに決まったので、昔(2年前の)作品を引っ張りだしてりたのかもしれないが、よくまとまった1品だった。
裏社会から引退しようとしていた主人公は、最後の仕事で大トラブルに見舞われる。はたして無事引退できるのか、、描写は重厚で、丁寧だ、脇役もとてもいい味出している。雰囲気はジョニー・デップとアル・パチーノの「フェイク」よく似た感じだ、しぶい映画が好きならお勧めです。

レイヤー・ケーキ@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 5日 (水)

カーズ

200607051_1200607052
車たちのぴかぴかのボディに回りの景色が映り混んでいる描写が凄い!アニメもここまで進化したかと、感動してしまった。車達の世界の物語だが、最後には完全に感情移入して、車とは思えなくなる、全く違和感がない、「ファインディング・ニモ」を作ったジョン・ラセターの6年ぶりの作品だけの事はある。
ストーリーは単純明快、真っ赤なボディがトレードマークのレース・カー マックィーンは、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日道に迷って、ルート66号線沿いにある田舎町ラジエイター・スプリングスに迷い込んで、そこの住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く、、

カーズ@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

ホワイト・プラネット

200607021200607022
消滅の危機に瀕した氷の国・北極を舞台に、動物たちのサバイバルを追ったドキュメンタリー。極寒の中で産み落とした子どもを命がけで守るホッキョクグマ、繁殖地とエサを求めて旅するカリブーなどが登場する。完全な環境ビデオ(ディープブルー)にもならず、余り教育口調になりすぎたり、過酷さ悲惨さの強調(皇帝ペンギン)にもならず、流血描写もほとんど無く、それでいてメッセージは強く伝わる。上手に仕上がっていると思う、あまりに心地よく作ってあるので、途中で一部寝てしまった。

ホワイト・プラネット@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

M:i:III

200607011200607012
ミッションインポッシブルの第3弾、ご存じトム・クルーズ人気シリーズ。しかし、この三作目はシリーズ中もっとも出来の悪い作品かも知れない。ハントは、一般人との結婚を決意して、危険な稼業から引退して、教官として平和な人生を送るはずだった、、しかし、総簡単に足が洗えるはずもなく、捕らえられた最優秀な生徒の救出に出動する、、もの凄くお金がかかっているし、丁寧に作ってあるので、何のアラも見つからないのだが、何か一つものたりない、テレビシリーズでも、工作員のプライベートはでてこないが、やめた方が良かったかも、

M:i:III@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »