« オペラ「修道女アンジェリカ」「ジャンニスキッキ」 | トップページ | トランスポーター2 »

2006年5月28日 (日)

アンジェラ

200605281200605282_1
リュック・ベッソン監督の久々の新作、全編白黒の異色作。主人公はどうしようもない穀潰し、借金の返済期限が迫り、組織に殺すと脅されて、自殺も考えるが、そこに突然、ミニスカートの美女が現れて先に川に飛び込む、この美女を助けた(?)主人公だったが、美女はなんと本物の天使で主人公を助けに天から降りてきたのだった、、この天使が実にいい味、ちびの主人公と好対照の長身、タバコをぷかぷか吸いながら痛快に主人公を助ける。リュック・ベッソンの理想/妄想を具象化した感じで、評価は分かれそうだが私は丸だった。

アンジェラ@CINEMA TOPICS ONLINE

|

« オペラ「修道女アンジェリカ」「ジャンニスキッキ」 | トップページ | トランスポーター2 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/1981689

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ:

« オペラ「修道女アンジェリカ」「ジャンニスキッキ」 | トップページ | トランスポーター2 »