« スピリット | トップページ | V フォー・ヴェンデッタ »

2006年4月16日 (日)

ファイヤーウォール

200604161200604162
ハリソン・フォードが演じているのは銀行のコンピュータキュリティ責任者、なんと私の専門だ、その点でも興味があった。家族を人質に取られ、インターネットバンキングにより、銀行の金を横領するよう強要される。
銀行強盗も様変わり、金庫を破るのではなく、コンピュータセキュリティを破る。そのためのキーパーソンであるキュリティ責任者自身に不正を働かせればよい。
着想は抜群である。さて強盗団と、セキュリティ専門家の頭脳戦、、
私がこの世界を知りすぎているためか、この部分の描写には不満がある(私に相談すれば良いのに、、笑、)が一般の人が見れば十分に楽しめるのではないかと思われる。
久しぶりのハリソン・フォードも良いし、安心して見られる一編。

ファイヤーウォール@CINEMA TOPICS ONLINE

|

« スピリット | トップページ | V フォー・ヴェンデッタ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/1429646

この記事へのトラックバック一覧です: ファイヤーウォール:

» ファイヤーウォール [キネマとかざぐるまの部屋]
ハリソン・フォード得意の危機脱出の映画です。ファイヤーウォールとは防火壁。彼は銀 [続きを読む]

受信: 2006年4月19日 (水) 20時40分

« スピリット | トップページ | V フォー・ヴェンデッタ »