« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

グッドナイト&グッドラック

200604301ナイト・ウォッチもゲテモノだったが、それを上回るゲテモノを見てしまった。1950年代、米国でマッカーシー旋風が吹き荒れた、いわゆる赤狩りである。冷戦下の米国で共産主義への恐怖から、共産党関係者の排除が行われた。この時には、離婚した女房が結婚前に共産党の集会に一回参加したといった、ばかげた理由で本人が解雇されたり、投獄されたりするというもので、行き過ぎは自明だった。ここで人気TV番組のキャスターであったエドワード・マローがマッカーシー上院議員の行為を糾弾し中止に追い込む。この時には、ハリウッド関係者も多くが悲惨な目にあったらしい。この映画はその時に趣旨返しで、マッカーシー上院議員に対する一方的なリンチ行為だ。映像も、物語も全く面白くなく、出演者のお爺ちゃんやお婆ちゃんが、ひどい目にあったのでその復讐戦を50年後みんなで、行っているようだ。結局マッカーシー上院議員は糾弾されて極端な赤狩りは終わるが、だからといって共産党員の排除が終わったわけでは無い(はずだ)。この映画は、関係者以外は全くしらけてしまい。DVDならあまりのつまらなさに、じっと座って最後までみていることは不可能だと思う。都内では六本木1館でしかやっていないのもうなずける。まったくお薦めできない。

グッドナイト&グッドラック@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

200604291200604292
なんともギークなロシア映画、ロシアではロード・オブ・ザ・リングを越える興業収入をあげたという。光と闇の戦い、光側のナイト・ウォッチのメンバーたちは、闇側のバンパイアなどを監視している。一方、闇側にはデイ・ウォッチがあり光側を監視している。光と闇は善と悪の象徴で、1000年前に結ばれた休戦
協定による、休戦が危ういバランスの上に成り立っている。
とんでもない、ゲテモノだが私には面白かった。ただ、普通に言えば、見に行くのはお勧めできない。

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月23日 (日)

アンダーワールド: エボリューション

200604231200604232
吸血鬼と狼男の覇権争いを描いた「アンダーワールド」の続編、前半はパート1をちゃんと見ておかないと、理解しがたい展開になるから注意が必要、同一人物が二つの顔で出てきたりするので、混乱したりする。
後半は吸血鬼族と狼族のバトル:銃撃戦になっていき、両方とも不死身に近いので、半端でなく強い、撃たれたぐらいではものともしないので、戦いは壮絶な様相になって、手に汗握るテンポの良い展開になる。

私はバンパイアとか狼男とか題材が大好き、「ヴァン・ヘルシング」や「ブレイド」はお気に入りの作品。「ヴァン・ヘルシング」にも出てきた「ケイト・ベッキンセール」は、抜けるような白い肌、真っ青な瞳、ちょっと東欧風の訛りなど、吸血鬼にぴったり、こんな吸血鬼なら噛まれてみたい、、(笑)

パート1を見て人物関係を頭に入れてから見に行きましょう、

アンダーワールド: エボリューション@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

V フォー・ヴェンデッタ

200604221200604222
ナタリー・ポートマン最新作、近未来の英国はナチズムのようなファシスト独裁政権による管理・抑圧の社会。政権の転覆を狙う仮面の男「V」とヒロインのナタリー・ポートマン、ちょっとした偶然から、二人の反政府活動がはじまる。
マトリックスの監督が作った映画だといっても、アクションより、非常に巧妙な謎解きと、舞台劇のような演出、台詞の妙など、どちらかというと地味な映画だ。
私にとっては、映画向きの脚本、暗い映像、さりげない演出で好感度大とても面白かった。特にVを追う刑事が渋い。ちょっと重いが、お勧めしたい。

追加情報としてナタリー・ポートマンは、イスラエル生まれのユダヤ人だと教えて頂いた。そうなると収容施設での神鬼迫る演技も、このシークエンスの必要性も納得ができるところがある。

V フォー・ヴェンデッタ@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月16日 (日)

ファイヤーウォール

200604161200604162
ハリソン・フォードが演じているのは銀行のコンピュータキュリティ責任者、なんと私の専門だ、その点でも興味があった。家族を人質に取られ、インターネットバンキングにより、銀行の金を横領するよう強要される。
銀行強盗も様変わり、金庫を破るのではなく、コンピュータセキュリティを破る。そのためのキーパーソンであるキュリティ責任者自身に不正を働かせればよい。
着想は抜群である。さて強盗団と、セキュリティ専門家の頭脳戦、、
私がこの世界を知りすぎているためか、この部分の描写には不満がある(私に相談すれば良いのに、、笑、)が一般の人が見れば十分に楽しめるのではないかと思われる。
久しぶりのハリソン・フォードも良いし、安心して見られる一編。

ファイヤーウォール@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

スピリット

200604091200604092_1
ジェット・リー主演の中国武術映画、第二次世界大戦前の中国に実在した伝説の武闘家フォ・ユァンジア(霍元甲)の生涯を描いた伝記映画。彼は実在したが、伝説のヒーローとなっており、史実とはかけ離れたストーリーのようだ。
武闘家の家に育った霍元甲は、子供の頃から、武術に親しみ、達人になってゆく、多くの弟子を抱えて天狗になった彼は、対戦相手を殺してしまい、復讐に家族を失う、失意の内に放浪し、悟りを開いた彼は、世界武闘大会各国の武闘家と戦う、ジェット・リーのアクションは切れが良くて、楽しめるし、中村獅童も良い

スピリット@CINEMA TOPICS ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

レザン・ドレ・オソーテルヌ

行きつけのバーで、とっても美味しいレーズンのチョコレートを食べました。

「レザン・ドレ・オソーテルヌ Le Raisin Dor; au Sauternes」
200603221箱には以下のように記されています。
「ブロンド色のドライレーズンを、ボルドーの最高級貴腐ワインメソーテルヌモに漬け、カカオたっぷりのチョコレートで、その香りを封じ込めました。」

プランタン銀座でバレンタインとホワイトデーの時だけ売っているという情報もあります。レーズンを貴腐ワインのソーテルヌに漬けてコーティングしたチョコレート。なんとも言い難い上品な味です。機会があったら食べてみて下さい。
200603222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »