« ミュンヘン—オリンピック・テロ事件の黒幕を追え | トップページ | ナルニア国物語/ 第1章: ライオンと魔女 »

2006年2月28日 (火)

カーラのゲーム

200602281
カーラのゲーム上/下
創元ノヴェルズ
ゴードン・スティーヴンズ/著 藤倉秀彦/訳
出版年月 2000年1月
ISBNコード 4-488-80133-1
裏表紙解説では、ルフトハンザ航空3216便がテロリストにハイジャックされた。人質奪還のためにヒースロー空港に待機するSAS隊員フィンの胸中をよぎる疑い—リーダーは彼女だ。いや、それはありえない。彼女はもう死んでいるんだ。しかし—。1994年冬、内戦に揺れるボスニアで、ひとりの女とSAS隊員を結んだ運命の交錯。それが十か月後、ヨーロッパの空に新たな戦いの火蓋を切る!重厚な筆致で物語る感動の冒険小説巨編、ここに登場。

2000年にこんな本が出ていたとは、最近ちゃんと読んでないことがばれてしまう。ここ数年で読んだ最高に面白い本になった。スティーヴン・ハンターの「極大射程」以来の感動と言ったら言い過ぎか!?
カーラという女性の生き様があまりに格好良い、行動や表情が目に浮かぶような文体も凄いと思う。ハイテクスリラーや冒険小説ジャンルでは、女性が添え物になってしまったり、だだのお馬鹿に描かれたりしがちだが、この小説では主役となって生き生きと活躍する様が凄い。しかも彼女はイスラムのテロリスト役だ!こんな無理な設定なのに感情移入できて、最後まではらはら目が離せない。ミュンヘンでパレスチナ問題とテロリズムの歴史を学んだばかりでタイムリーな時に、ボスニア内戦とテロリストの話を読んで堪能しました。お薦めします。

|

« ミュンヘン—オリンピック・テロ事件の黒幕を追え | トップページ | ナルニア国物語/ 第1章: ライオンと魔女 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/874734

この記事へのトラックバック一覧です: カーラのゲーム:

« ミュンヘン—オリンピック・テロ事件の黒幕を追え | トップページ | ナルニア国物語/ 第1章: ライオンと魔女 »