« ナイト・オブ・ザ・スカイ | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »

2006年2月19日 (日)

フライトプラン

200602191母親が設計した全二階建ての架空の飛行機に搭乗した母と娘、ちょっとした隙に娘がいなくなってしまう、ところが、、
この映画はジョディフォスターの映画の中では、ワーストワンに近いだろう、着想は悪くないと思うのだが、物語のディテールにこだわる余り、観客はあまりに悲惨で救いがたい主人公の状態に感情移入できない。
観客が感情移入できるためには、もう少し主人公が観客にとって自分が成り代われる存在であって、成り代わりたいという魅力が必要だ、ところが、この母親は、親しみが涌くどころか、単なるヒステリーのお騒がせおばさんのようで、到底感情移入できるものではない。
ストーリーのリアリティや伏線上はこのような設定の方が良いことも、わからないでは無いが、娯楽映画としてはもう少し親しみやすく作るべきだったと思う。なぜかはレンタルDVDで見て頂ければ十分でしょう。

|

« ナイト・オブ・ザ・スカイ | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30454/764297

この記事へのトラックバック一覧です: フライトプラン:

» 『フライトプラン』 2006・1・30観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『フライトプラン』  公式HPはこちら   公式HP(Flash版)はこちら ●あらすじ 事故死した夫の棺を引き取り、ベルリン発の最新鋭ジャンボ機に乗った女性カイル(ジョディ・フォスター)。 一緒に搭乗した筈の娘ジュリアが機内で失踪した。手掛かりも無く、... [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 08時55分

« ナイト・オブ・ザ・スカイ | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »